今注目の「看多機」とは!?

志望動機作成のポイント

志望動機・自己PRは応募者の熱意や人物像を判断するための貴重な情報となるため、採用担当者は必ずチェックします。効果的な志望動機・自己PRの作成方法を紹介していきます。

志望動機作成のポイント

記入する内容

記入する内容

志望動機の欄に記入する内容は、「応募先を選んだ理由」や「魅力を感じたポイント」です。そのため、事前に情報収集をした上で作成する必要があります。どういった理念で運営しているかを調べ、具体的なサービス内容を把握した上で、どの点に魅力を感じたのかを記載しましょう。それに加え、自分が今後どのようになっていきたいのかを記載してください。
自己PRには自分の長所や持っているスキルを記載します。ただし、単純に「コミュニケーションが得意」などと記載するのではなく、その長所がどのように業務へ活かせるのかを考えて記載しましょう。「自分の能力に自信がない」「自分で長所をアピールするのは恥ずかしい」と思う人もいるかもしれませんが、転職活動においてはそのような遠慮は不要です。採用担当者は効率よく応募者の適性を判断したいと考えていますので、素直に自分の長所を伝えるようにしましょう。「看護師としての信念」「自分の仕事に対する周囲の評価」「これまでの経験をどう活かすのか」などを記載してください。

具体的なポイント

具体的なポイント

まず、応募先のことをしっかり調べていることをアピールしましょう。求人情報だけではなく、ホームページやパンフレットを確認し、事業内容や応募先の事業所が理想とするサービスを頭に入れておきましょう。また、自分らしい表現であることも大切です。「将来性に期待して」などのありふれた言葉では心に響きません。自分の体験談などを交えた上で、具体的な表現を心がけましょう。
避けるべきなのは、転職理由にネガティブな内容を書くことです。例えば人間関係が転職理由だとしても、それを書いてしまうと「採用しても同じ理由ですぐに退職してしまうのではないか」と思われるからです。また、嘘を書くのは絶対にやめましょう。経験豊富な採用担当者にはすぐにバレますし、その場ではスルーされたとしても後々発覚する可能性があります。結果的に自分が不利になるので、嘘を書くのは避けてください。

例文

例文

看多機(看護小規模多機能型居宅介護)において、利用者様に適切な看護・介護を提供するためには、介護職員との連携が重要だと考えています。以前病棟で勤務していた際は、リーダーとして各部門との連絡調整の役割を担っていました。貴施設においてもその力を発揮し、きめ細やかなケアの実現を目指していきたいと思っています。

看護師必見の記事!

  • 転職エージェント利用がカギ

    転職エージェント利用がカギ

    看護業界に特化した転職エージェントを利用することで、有利に転職活動を進めることができます。転職エージェントしか保有していない好条件の求人を教えてもらえます。また、履歴書の書き方や面接のアドバイスもしてくれます。

  • やりがいや魅力

    やりがいや魅力

    利用者の状態が回復していくことがなによりのやりがいです。また、利用者だけではなくその家族から感謝される機会もあり、それが多くの職員のモチベーションとなっています。地域一体となって利用者を支える魅力があります。

  • この仕事の特徴

    この仕事の特徴

    看多機では医療処置を行うため、看護師は褥創処置、胃ろう処置、栄養管理、機関吸引、インスリン注射などを行います。また、介護職員と一緒に介護業務を行う機会もあります。今後需要が伸びるターミナルケア分野について多くのことを学べます。